よぎちょぎ「あせった、困った」

に含む情報を

ご飯ツブひっつき問題

韓国の食事マナーでは、
ご飯と汁物はスプーンで食べることになっている。
となると箸で取ったおかずを口に入れたら、
スプーンに持ち替えてご飯を口に放り込まねばならない。

慣れぬ日本人にはこのあたりが面倒くさい。

茶わんを手に持ったまま、おかずをいったんご飯のうえに着地させ、ご飯といっしょに口に運ぶことのできる日本式が良いと思ってしまう。

そして韓国には取り箸の習慣がない。
したがって出されたおかずには皆が箸を突っ込んで食べ、中央に置かれたチゲ類もそれぞれが自分のスプーンで直接すくって飲むことになる。

初めて韓国人の食卓に招かれた時、洗面器みたいな器に入った玉子スープを前にしてためらったあげくほとんど飲めなかった経験がある。

日本とは正反対ともいえる習慣の違いにどうも馴染めなかったのだ。

「それって水臭いな」
韓国にハマり、すっかりキムチナイズされた感性をもつ友人が私の話に憤慨した。彼は「取り箸不要論者」だが、食事会で「返し箸」をする同席者のこともけむたがる。
「仲間同士の食事で汚いとか思うのか?日本人ってのは情けないよ。」

うーん、取箸については私も彼と同意見だが、ここで問題にしたいのはスプーンの方なのだ。

いくら注意深く食べても、ご飯を口に運んだスプーンにはご飯ツブがたっぷりくっついてしまうではないか。

美味しそうに湯気をあげるチゲを横目に「さてこのご飯ツブをどうしたものか?」と悩んでいるのは私だけなのか?

この疑問を思いきって韓国人青年のアンさんにぶつけた。


「オレもそう思っていたんだよ!ご飯のついたスプーンをそのままチゲに突っ込むのは抵抗あるんだけど、じゃあどうしたらいいのか…。」
共感の言葉が返ってきたのでおどろいた。

ふうん、さすがに若い人は違うのね。
「うんうん、そうだよね!」とつい力が入る。

アンさんはショッキングなことも言う。
「たまに、スプーンを舌でしっかりなめ回して‘きれい’にしてから使う人もいるんだけど、オレとしてはそれもちょっとどうかなぁって思うんだよ」うひゃあ!それは勘弁してもらいたいぞ。

最近は韓国式の伝統的な食事マナーも庶民レベルではかなり変化してきたように思う。

家庭の食事に呼ばれた時などにちらっと見ていると、その家の奥さんやお年寄りまでもが日本式に茶わんを手に持ったまま、箸でおかずとご飯をかっこむ姿をしばしば目撃する。

「主婦だって忙しいんだから、いちいち箸とスプーンを持ち替えながら食べるなんて面倒くさいのよっ」といったところなのだろうか。

この場合、スプーンは汁物専用になるから「ご飯ツブひっつき問題」はないわけで、私は内心でしみじみホッとしてしまうのである。