よぎちょぎ「あんなモノ、こんなモノ」

に含む情報を

夏の冷たい心づかい

夏の韓国ではペットボトルごと凍らせた水を
コンビニや露店で売っている。
「オルンムル」と呼び直訳すると「氷水」だ。
ふつうのペットボトルの水をレジに持っていくと…

わざわざこの凍らせたものに替えてくれたりもする。

冷たさが長持ちして、なかなか嬉しい。
すぐにゴクゴク飲みたいときにはちょっと微妙なサービスだが…。

観光地に行くとこれが大きなタライに無造作に積まれている。

冷凍庫から出したてでカチンコチンのがあるかと思えば、時間の経過とともに溶けかかったものもあるので好きなのをえらべるのがいい。

日本の業者なら冷凍することを想定して膨張に耐えられるよう専用のペット容器を使った水で作るだろう。
だが伊藤園やサンガリアがそういった容器を開発したにもかかわらず、凍らせた水を手軽に買える店は日本ではそう多くない。

そこへいくとここは韓国である。
手当たり次第にそのへんのペット容器を凍らせちゃったという感じで、膨張して元の形状がわからないほど変形していたりする。

溶けかかったのをうかつに開けると中の水があふれ出すこともあるので注意が必要だ。